新型コロナウイルスで移動はどのように変わったのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Airport Terminal Travel Traffic

こんにちは。ナビタイムジャパン マーケティングチームです。私たちナビタイムジャパンは移動をサポートするナビゲーションサービスを提供しています。

電車、バス、飛行機、徒歩と様々な移動手段を掛け合わせたマルチモーダルなナビゲーションが可能な「トータルナビ」から、バスや車、自転車など移動手段ごとに特化したサービスも提供しております。それらのナビゲーションサービスをユーザーにご利用頂いた際のログを分析することで、移動の動向分析が可能です。

今回は昨今の新型コロナウイルスの影響でどのように人々の移動が変わっているのか、分析していきたいと思います。

※分析に際してはプライバシーに配慮して個人を特定できない形にしてから分析を行っております。

※元になっているデータは、実際のユーザーの方々の移動ログではなく、経路検索を行なった時のログです。

※ 本記事で掲載しているグラフに関して、具体的な数値は公開していないため、傾向の参考としてご覧ください。

移動手段の変化

最近の報道でも取り沙汰されている通り、全体としては公共交通の利用が減少傾向で、徒歩や自転車は増加傾向にあります。特に日付で見ると最初に減少するタイミングが2/27の学校臨時休校要請があった日、次に落ちるタイミングが4/7の緊急事態宣言発表の日と連動しています。外部環境の変化と移動検索数≒移動数が密接に連動していると言えると思います。

公共交通とは逆に徒歩や自転車の利用は非常に伸びています。特に緊急事態宣言を受けてからリモートワークや自宅待機となった企業も多く、皆様の多くもそのような状況と思いますが、ナビタイムジャパンでも3月からリモートワークに移行しています。実際に筆者も自宅で作業をする中で運動不足を感じ、外で歩きたい、運動したいと感じます。そういったニーズの中で特に自転車の利用が増えていると推測されます。

ここから、特に変動として興味深かった点をいくつかピックアップします。

3/23前後の変化について

全体として2月後半からは減少傾向だったのですが、3月中旬頃に一度検索数が上がっています。特に3連休のあった3/20〜22で顕著に増加がみられます。この3連休の間にどのような場所への検索が増えたのかを調べてみると、一番多かったのは薬局だったのですが、それを除くと以下のようにレジャーや行楽地への移動が増えていることがわかります。

3/20-22の3連休で車の経路検索数が先週比で伸びた地点カテゴリトップ10

特に「桜の名所」からもわかるように、花見に出かけようとしていた人が増加していたことがわかります。

ちなみに、乗換検索でもこの時期の変化を調べると、高尾山口、弘前、犬山、新宿御苑などの桜の名所のある駅で増加がみられました。

3/20-22の3連休で検索数が先週比で伸びた駅トップ10

この3連休の間に花見などで外出していた人が増えていたと推測されます。厚生労働省が公表している感染者数をみると3連休の後から一気に増えたようで、この3連休の「緩み」が少なからず感染者増に影響していると考えられます。

自転車利用の変化について

自転車での経路検索数の、12/1対比での変動割合の推移

自転車の利用は2月中旬からほぼ一貫して増加傾向にあります。もともと3月から4月にかけては気候も暖かくなり自転車の検索数は増えるのですが、例年以上の増加幅となっています。

自転車利用の増加は直感的には運動不足解消の手段として休日により一層増加しているかと思われたのですが、実際には平日の利用も同様に増えています。

また、実際に経路検索されている場所を調べると、学校や企業が大多数で、あとはスーパーなどの日常利用施設が多いことがわかります。このことからも、通勤や日常的な移動で公共交通から自転車に切り替えているユーザーが一定数いるのではないかと推測できます。

まとめ

以上のように、経路検索ログを元に移動の動向を分析し、3月中旬での移動の増加や、全体として自転車利用の数が大きく増えていることがわかりました。また、外出と感染者数の間にも相関があるのではないかと推測できます。

引き続き新型コロナウイルス感染拡大防止のために、人が密集する場所への外出は自粛していく必要がありますが、健康維持のために適度な運動も必要です。ナビタイムジャパンでは自転車やウォーキングに特化したアプリも提供していますので、ぜひこの機会にご利用ください。そして新型コロナウイルスが収束したら、公共交通も含めたナビゲーションが可能なトータルナビで行き方を調べてお出かけしてください。

NAVITIMEのダウンロードはこちらから

また、企業・自治体の方で「移動に関するデータがほしい」「自転車や徒歩での行き方をユーザーに提供したい」などのご希望がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

Leave a Reply

*